当サイトはGoogle検索にまだ表示されないためBing検索をご利用ください> Membership

FortiGate HA 構成でのモニタインターフェースダウン時の通信断時間について解説

目次

本記事について

本記事では、Fortinet 社のファイアウォール製品である FortiGate について、HA 構成時にモニタインターフェースと設定しているインターフェースがダウンした際に通信断時間がどの程度になるのか説明します。

動作確認環境

本記事の内容は以下の機器にて動作確認を行った結果に基づいて作成されています。

  • FortiGate-60F
    • バージョン 7.4.3

想定するシナリオ

以下図のように FortiGate 2台にてアクティブ・パッシブ HA を構成しています。

HA 設定では以下のように internal1 と wan1 をモニタインターフェースと設定しているため、プライマリ機にてこれらのインターフェースがダウンした際にフェイルオーバーが発生します。

この構成で、FortiGate のプライマリ機の wan1 インターフェースで障害が発生したときに、どの程度の通信断時間が発生するのか確認します。

通信断時間の確認

内部ネットワークにある端末から、外部ネットワークにある 8.8.8.8 宛に連続 Ping を実行しながら wan1 のリンクをダウンさせ、Ping の断時間を確認します。

結果は以下の通りで、通信断時間は 2~3秒程度でした

複数回試してみましたが、多少の誤差はあるもののほぼ 2~3 秒の断時間でした。

ハートビートの送信間隔の設定は影響するのか?

モニタインターフェースがダウンしたという情報は、ハートビートによって対向機器に伝えられると考えられます。これが正しいとすると、ハートビートの送信間隔がモニタインターフェースダウン時の断時間に影響していそうに思えます。

ハートビートの送信間隔は HA の設定内の以下の設定項目で変更できます。

config system ha
    set hb-interval 2
    set hb-interval-in-milliseconds 100ms
end

デフォルト設定は上記の通りで、200ミリ秒ごとにハートビートが送信されています。

これを例えば以下のように設定し、ハートビートの送信間隔を最大にしてみます。

config system ha
    set hb-interval 20
    set hb-interval-in-milliseconds 100ms
end

これによってハートビートは 2 秒間隔になります。

この設定で通信断時間を確認した結果は以下の通りです。

通信断時間は相変わらず 3 秒程度でした。

ハートビート送信間隔を変えてもモニタインターフェースダウン時の断時間は変わらなそうです。

もしかしたら状態変化があった際には即時ハートビートが送信される仕様なのかもしれません。

障害試験時の想定断時間は 2~3 秒が良さそう

HA 構成の FortiGate 構築案件で障害試験をする際に、想定断時間を設定する場合もあると思いますが、その場合の想定断時間は 2~3 秒とするのが良さそうです。

ただし、周辺のネットワーク環境にも影響を受ける可能性があるので、2~3 秒というのはあくまで想定であり、実際の断時間は実際に試験してみるまでは分かりません。

以上です。


【おすすめ】FortiGate の設計構築中なら以下の記事も役立つかもです

【支援ありがとうございます】Amazon アフィリエイトリンク

以下は Amazon アフィリエイトリンクです。このリンクをクリック後に Amazon で購入いただくと当サイト管理人に紹介料が入ります(以下の商品以外を購入でも発生)。支援いただける方は以下のリンクをクリック後に Amazon にて購入していただけると大変助かります。当サイト更新のモチベーションになります。

note メンバーシップへの参加もお待ちしています!

note(ノート)
陰の構築者たちのメンバーシップ|シェイド@陰の構築者 ネットワーク設計構築をする人に役立つメンバーシップです。 独自ブログ(https://shadowgarden.org/)にてネットワークエンジニア向け情報を発信しており、その活動を応援...

【アフィリエイト】おすすめ WordPress テーマ【SWELL

当サイトでは WordPress テーマとして SWELL を使用しています。以前は無料・高機能テーマとして知られる Cocoon を使用していて Cocoon も使いやすかったのですが、SWELL を使い始めてからは SWELL のほうが圧倒的に使いやすいなと思いました。そして何より読み込み速度が速い。SWELL を使い始めてから、過去の Cocoon のブログを見直したときに「あれ、こんなに表示遅かったっけ?」という感覚になりました。

また SWELL はデフォルトでもオシャレなデザインですが柔軟にカスタマイズすることもでき個性のあるサイトを作成できます。さらにブログパーツや広告タグといった再利用可能なブログの「部品」も作成することができ、ブログ作成効率も高いです。

技術ブログやアフィリエイト等での収益化を見据えたブログの作成に SWELL は最適です。初見では価格が高いなと思うと思いますが、私としては SWELL を採用して良かったしそれ以上の価値があると感じています。
ブログの新設やテーマ変更を考えている人は一度 SWELL を検討してみてください。
以下の画像リンクから詳細な情報を確認できます。

レンタルサーバーを探している人には安定性に定評のあるエックスサーバーをお勧めします。
当サイトもエックスサーバーを使用しています。WordPress のインストールも簡単にできます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次