当サイトはGoogle検索にまだ表示されないためBing検索をご利用ください> Membership

FortiGate DHCP サーバ機能設定ガイド

目次

本記事について

本記事では、Fortinet 社のファイアウォール製品である FortiGate について、FortiGate を DHCP サーバとしてクライアントに対してアドレス情報を配布する方法について説明します。

動作確認環境

本記事の内容は以下の機器にて動作確認を行った結果に基づいて作成されています。

  • FortiGate-60F
    • バージョン 7.4.3

DHCP サーバ機能の有効化方法

FortiGate では DHCP サーバ機能はインターフェース単位で有効化します。

GUI で設定する方法

GUI で設定する場合、DHCP サーバ機能を有効化したいインターフェースの設定画面にて設定を行います。ただし、GUI ではインターフェースのロールが「LAN」または「未定義」でなければ DHCP サーバ機能の設定ができません。「WAN」または「DMZ」ロールのインターフェースで DHCP サーバ機能を有効化する場合は CLI で設定してください。

DHCP サーバ機能を有効化するためには、対象インターフェースのアドレッシングモードが「マニュアル」に設定されている必要があります。

STEP
インターフェース画面の表示

GUI にログインし左側のメニューから「ネットワーク > インターフェース」をクリックします。

STEP
インターフェース設定画面の表示

DHCP サーバ機能を有効化したいインターフェースをダブルクリックして設定画面を表示します。

STEP
DHCP サーバ機能の設定

インターフェース設定画面の DHCP サーバ欄の各項目を設定します。

  • DHCPサーバ」を有効化します。すると②以降の設定項目が表示されます
  • DHCPステータス」はデフォルトの有効化済みとします
  • アドレス範囲」は DHCP クライアントに払い出すアドレス範囲を指定します
    • <開始アドレス>-<末尾アドレス>」の形式で指定します
    • 2つ以上のアドレス範囲を設定したい場合は「+」をクリックして欄を増やします
  • ネットマスク」はクライアントアドレスのサブネットマスクを指定します
  • デフォルトゲートウェイ」はクライアントに配布するゲートウェイ情報です。通常は「インターフェースIPと同じ」(FortiGate のインターフェースIP)で問題ありません。「指定」にすると手動でアドレスを指定できます
  • DNSサーバ」はクライアントに配布する DNS サーバ情報です。通常は「システムDNSと同じ」で問題ありませんが FortiGate のインターフェースIP や手動指定にすることもできます
  • リース時間」ではアドレスリース期間を指定します。無効にすると無期限になります
  • 高度な設定」を展開すると DHCP リレーや固定アドレス設定等の更に細かい設定項目を設定できますが、通常は触る必要はありません

DHCP サーバ機能の設定は以上です。

CLI で設定する方法

CLI で設定する場合はconfig system dhcp serverを設定します。

GUI では「インターフェース設定」ですが CLI ではconfig system interfaceではありません。

DHCP サーバのコンフィグは以下のように一つのインターフェースに対する設定が一つのedit項目に対応する構造になっています。

config system dhcp server
    edit 1
        set dns-service default
        set default-gateway 10.1.1.1
        set netmask 255.255.255.0
        set interface "internal1"
        config ip-range
            edit 1
                set start-ip 10.1.1.2
                set end-ip 10.1.1.254
            next
        end
    next
    edit 2
        set dns-service default
        set default-gateway 10.1.2.1
        set netmask 255.255.255.0
        set interface "internal2"
        config ip-range
            edit 1
                set start-ip 10.1.2.2
                set end-ip 10.1.2.254
            next
        end
    next
end

DHCP サーバ機能の設定は以下の手順で行います。

STEP
新しい edit 項目の作成

CLI にログイン後、config system dhcp serverに移動し新しいedit項目を作成します。

FortiGate-60F # config system dhcp server
FortiGate-60F (server) # edit 3
new entry '3' added
FortiGate-60F (3) #

editの ID 番号は未使用の番号を使用してください。

STEP
基本項目の設定

edit項目内の以下の基本項目を設定します。

GUI 対応項目CLI 設定項目デフォルト値
インターフェースinterface
DHCPステータスstatusenable
ネットマスクnetmask
デフォルトゲートウェイdefault-gateway
DNSサーバdns-servicedefault
リース時間lease-time604800
FortiGate-60F (3) # set interface internal3
FortiGate-60F (3) # set status enable
FortiGate-60F (3) # set netmask 255.255.255.0
FortiGate-60F (3) # set default-gateway 10.1.3.1
FortiGate-60F (3) # set dns-service default
FortiGate-60F (3) # set lease-time 604800

デフォルト値のままで良い項目は明示的に設定する必要はありません。

STEP
クライアントに払い出すアドレス範囲の設定

クライアントに払い出すアドレス範囲の設定はedit項目の中のconfig ip-rangeで設定します。
config ip-rangeの中にはさらにedit項目があり、これが一つの IP 範囲の設定に対応します。

config system dhcp server
    edit 3
        config ip-range
            edit 1
                set start-ip 10.1.3.2
                set end-ip 10.1.3.254
            next
        end
    next
end
  • set start-ip:IP 範囲の開始アドレスです
  • set end-ip: IP 範囲の末尾アドレスです

上のコンフィグ例だと 10.1.3.2-10.1.3.254 の範囲を指定しています。

このコンフィグを投入していきます。

FortiGate-60F (3) # config ip-range
FortiGate-60F (ip-range) # edit 1
new entry '1' added
FortiGate-60F (1) # set start-ip 10.1.3.2
FortiGate-60F (1) # set end-ip 10.1.3.254
FortiGate-60F (1) # next
FortiGate-60F (ip-range) # end
FortiGate-60F (3) #

以上で DHCP サーバの設定は完了です。endでコンフィグ階層を抜けます。

設定後のコンフィグは以下のようになります。

FortiGate-60F (3) # show
config system dhcp server
    edit 3
        set dns-service default
        set default-gateway 10.1.3.1
        set netmask 255.255.255.0
        set interface "internal3"
        config ip-range
            edit 1
                set start-ip 10.1.3.2
                set end-ip 10.1.3.254
            next
        end
    next
end

DHCP 関連のコマンド

リース情報の確認 execute dhcp lease-list

クライアントに払い出した IP アドレスとクライアント MAC アドレス等のリース情報を確認できます。

FortiGate-60F # execute dhcp lease-list
internal1
  IP            MAC-Address             Hostname            VCI                 SSID                AP                  SERVER-ID           Expiry
  10.1.1.2      80:e0:1d:3a:91:42       Router              ciscopnp                                                    1                   Mon Apr  8 22:06:28 2024

※右にスクロールできます

リース情報の削除 execute dhcp lease-clear

リース情報の削除は以下のコマンドで可能です。

リース情報の削除
  • execute dhcp lease-clear all
    • すべてのリース情報を削除
  • execute dhcp lease-clear <アドレス>
    • 指定したアドレスのリース情報を削除
FortiGate-60F # execute dhcp lease-clear all
FortiGate-60F # execute dhcp lease-list
FortiGate-60F #

以上です。


【おすすめ】FortiGate の設計構築中なら以下の記事も役立つかもです

【支援ありがとうございます】Amazon アフィリエイトリンク

以下は Amazon アフィリエイトリンクです。このリンクをクリック後に Amazon で購入いただくと当サイト管理人に紹介料が入ります(以下の商品以外を購入でも発生)。支援いただける方は以下のリンクをクリック後に Amazon にて購入していただけると大変助かります。当サイト更新のモチベーションになります。

note メンバーシップへの参加もお待ちしています!

note(ノート)
陰の構築者たちのメンバーシップ|シェイド@陰の構築者 ネットワーク設計構築をする人に役立つメンバーシップです。 独自ブログ(https://shadowgarden.org/)にてネットワークエンジニア向け情報を発信しており、その活動を応援...

【アフィリエイト】おすすめ WordPress テーマ【SWELL

当サイトでは WordPress テーマとして SWELL を使用しています。以前は無料・高機能テーマとして知られる Cocoon を使用していて Cocoon も使いやすかったのですが、SWELL を使い始めてからは SWELL のほうが圧倒的に使いやすいなと思いました。そして何より読み込み速度が速い。SWELL を使い始めてから、過去の Cocoon のブログを見直したときに「あれ、こんなに表示遅かったっけ?」という感覚になりました。

また SWELL はデフォルトでもオシャレなデザインですが柔軟にカスタマイズすることもでき個性のあるサイトを作成できます。さらにブログパーツや広告タグといった再利用可能なブログの「部品」も作成することができ、ブログ作成効率も高いです。

技術ブログやアフィリエイト等での収益化を見据えたブログの作成に SWELL は最適です。初見では価格が高いなと思うと思いますが、私としては SWELL を採用して良かったしそれ以上の価値があると感じています。
ブログの新設やテーマ変更を考えている人は一度 SWELL を検討してみてください。
以下の画像リンクから詳細な情報を確認できます。

レンタルサーバーを探している人には安定性に定評のあるエックスサーバーをお勧めします。
当サイトもエックスサーバーを使用しています。WordPress のインストールも簡単にできます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次